Dogwood Plaza

連載コラム ハナミズキサンポ

ハナミズキサンポ

はじめまして

  こんにちは、初めまして。一応(?)ミステリ作家の坂木司と申します。散歩と食べることが好き、ということでご依頼を受け、このコラムを担当することになりました。これからしばしの間、皆さんと一緒に、ドッグウッドプラザを楽しくおいしくお散歩していきたいと思います。

  さて、記念すべき第一回目のお散歩は『作家といえば文具でしょう!』ということでSmithです。なんでもこちらは架空のイギリス人男性、スミスさんをイメージしたという文具のセレクトショップ。
  架空の、ってあたりがミステリ的でわくわくしますね。スイスブランドのナイフや機能的な手帳類はカッコ良くて、見ているだけでも楽しい。
あれ、でもよく見ると指輪とかお香とか、かなり女性的なものもありますね。スミスさんって男性だったはずだけど……? と首をかしげたのですが、よく考えたらこれは『スミスさんの彼女』や『スミスさんの家族』のものなのですね。なるほどなるほど。これはちょっとした謎解きでした(得意げ)。

  カッコいい雑貨を見ていたら、ちょうどおやつの時間になりました。そんなとき目指すのは、ビストロタマ。迷わず頼むのは、バウムメルバクーヘンです。
   おいしいのはもちろんですが、とにかくこのビジュアルを見てほしい! 銀色のパフェグラスに、山のように盛り上がるクリーム。どことなく、古き良き時代の映画を思わせる感じがたまらなく好きです。
   そういえばこの『メルバ』も人名ですね。ただし、こちらは実在しています。ソプラノ歌手のネリー・メルバさんが考案したといわれるメニューで有名な、ピーチ・メルバとメルバ・トースト。この二つのおいしいところをミックスしたのがバウムメルバクーヘン。
スミスさんとメルバさんのおかげで、今日はいいお散歩になりました。ではまた!

掲載店舗

Text by 坂木 司

1969年、東京生まれ。覆面作家。2002年に、ひきこもり探偵・鳥井真一とその友人・坂木司を主人公にした連作短編集『青空の卵』でデビュー。その他の作品は「ワーキング・ホリデー」、「和菓子のアン」など多数。

Special Contents